敏感肌で脱毛する際の注意点

投稿日:

露出が多くなる夏には、ほとんどの女性が脱毛のお手入れをしています。脱毛のやり方は様々で、自己処理に使う、毛抜きやカミソリ、脱毛クリームや脱毛ワックスなど、ドラックストアでも安く簡単に手に入ります。

敏感肌での脱毛は肌を痛めるケースもあるので注意

誰にも見られず、自宅で一人でできるのがいいですよね。ただ、抜くことや剃ることは肌にも負担がかかってしまうのであまりおすすめできません。毛抜きで抜く方法は毛根からすっきり綺麗に無くなるので、一見綺麗に脱毛できたように見えますが、毛穴の中では負担がかかりすぎています。

毛根組織も一緒に引っ張られるので近くにある毛細血管なども傷つけられて出血したり、炎症を起こしてしまうこともあります。また何度も抜くことで毛穴が外に出てきてしまい、そのまま突起して戻らなくなってしまうこともあります。また剃る行為も肌の角質も一緒に剥がれてしまいます。

剃るときにはクリームや石鹸をつかってなるべく肌を傷つけないようにし、剃った後も化粧水やクリームで肌を丁寧にケアしましょう。特に敏感肌ではカミソリ負けという、すぐに赤くなってただれることが頻繁におこります。

こうなってしまったら肌荒れを治すのにも時間がかかりますし、最初から脱毛しないほうがマシだったと思ってしまいますよね。こうしたトラブルを起こさないためにも、なるべく肌に負担がかからない脱毛を行いましょう。

 

脱毛後に黒ずみや肌荒れ防止には、日頃の肌の保湿ケアが鍵

むだ毛の自己処理で肌が荒れたり、くすみが酷くなったり、毛穴がブツブツとなってしまったりと、肌トラブルは一度はみなさん経験していますよね。

カミソリは刃の部分がコーティングされていてケガをしないようになっていますが、毛だけではなく皮膚の角質も削ってしまうので、肌が固くごわごわになって黒ずみをつくって悩んでいる方も多いです。

黒ずみをとるピーリング化粧液などもありますが、これは固くなった角質を溶かしているものなのでさらに角質を薄くしてしまいます。実際間違った方法で黒ずみを悪化させてしまい、酷くなった状態になってから治療にくる人も多いそうです。

黒ずみは肌のターンオーバーがうまくいっていないので、ダメージを与えないことが一番です。カミソリを使う場合はしっかり肌を保湿したあと、刃が滑りやすいようにあわ立てた石鹸や、クリームなどを使って剃る必要があります。何も使わないと皮膚も多く削り取られてしまいます。

また、むだ毛を処理した後は肌を冷やしてしっかり保湿する必要があります。保湿することで乾燥を防ぎ、肌のターンオーバーを正常化することができます。最近では低刺激脱毛や敏感肌脱毛など、肌に負担がかからない脱毛方法を行うエステサロンも多くあるので、こういったお店を利用するもおすすめです。

医療機関と提携しているお店であれば炎症が起こりやすい肌の方でも安心です。また万が一のトラブルが起こった場合でも、返金保証があれば料金が戻ってくる場合もあります。もし医療機関に診てもらうことになっても医療費を負担してくれるお店もあるので事前に確認しましょう。

Copyright© イクモア、飲むだけじゃ効果ない…抜け毛に悩む私の口コミ評判まとめ , 2019 All Rights Reserved.